2月12日(祝)ボサノヴァ ランチライブ

ボサノヴァライブ、次回は祝日に開催します!
今までは平日でしたので、来られなかった方もぜひ!

ランチタイムの開催です♪

ブラジルのメニュー、ムケッカ、又はサンドイッチに、ドリンク付き
チャージ込みのお得なチケットをご用意しました☆

↓↓↓売り切れてしまうと、通常メニューのうどんになってしまうため、ご予約をオススメします↓↓↓

*.゜。:+*.゜。:+*.゜。:+*.゜。:+*.゜。:+*.゜。:+*.゜。:+*.゜。:+*.゜。:+*.゜。:+
2月12日(月祝)
open 11:30 12:00~14:00

Webチケットでブラジルランチ、チャージ込み ¥2000
ブラジルのブラジルの海鮮シチュー、ムケッカ、又はサンドイッチ
ドリンク付きです。

当日の入場料は、1500円です(コーヒー又は紅茶付き)

Live:ボサノヴァ・ランチライブ
・Vocal mico
・Guitar Kaoki(Amaduos)
・Flute 大野裕之

演奏者変更のお知らせ
Amaduos メンバーのモラさんが怪我(右手骨折)のため、ベテランフルート奏者・大野裕之氏を迎えてトリオ演奏となります。

*.゜。:+*.゜。:+*.゜。:+*.゜。:+*.゜。:+*.゜。:+*.゜。:+*.゜。:+*.゜。:+*.゜。:+

出演者の紹介

出会いは、ある日、オシャレな雰囲気のお客さんがコーヒーを飲みに来てくれて
帰りに少しお話して歌手をされていると知り、昨年初めてのライブを開催しました。
ブラジルレストランや都内あちこちで活躍されていて、とても素敵な声で、曲のエピソードやブラジル小話、MCも最高です♪

mico (Vo.)

ブラジル音楽全般をFrancis Silva氏、Heraldo Franca氏に師事。
2002年から3年間、浅草サンバカーニヴァルに参加。
ボサノヴァやMPB(ブラジリアンポップス)のバンドを経て、
2011年からソロ活動を始める。
2008~2016年の間に三度ブラジルに渡り、リオのカーニヴァルを体験。
2009年、歌手あがた森魚のスタッフとして、ブエノスアイレスでのレコーディングに参加。

ブラジル音楽独特のグルーヴと、ポルトガル語の持つノリ感にこだわり、
ベルベットヴォイスと呼ばれる柔らかな発声で、ブラジリダージを追求。
他にフランス語でフレンチポップスやシャンソンも歌い、
さらにブレヒトソングから昭和歌謡までと、選曲は個性的かつ幅広い。

ポルトガル語で歌手を指す『 Interprete 』は本来、翻訳者、解釈者の意味。
原曲の「景色」を見、「想い」を感じ、それをどう解釈し表現するかが歌い手の身上と思う。
歌詞の内容を重視し、自ら訳詞も手がけ、時に詩の朗読やダンスパフォーマンスが加わるライブスタイルは、
「演劇的」と評されることも。

現在、ソロ活動に加え、ボサノヴァ系、サンバ系、MPB系、フレンチポップス系など、
数多くのバンド、ユニットで、都内ライブハウスを中心に活動中。

美しいギターの音色はこちらのお二人
外国の街やリゾートにいるような音色で、CDも出されています♪

※モラさんが怪我のため、今回はカオキさんの演奏でお送りします。

Kaoki (Guitar)

東京都出身。
中学時代にフォークギターを弾きはじめる。
高校時代にエレキギターでバンド活動を経験。
社会人を経て30代でボサノバギターに傾倒。
2007年、ギターデュオ・アマデュオスを結成。
2008年、アマデュオスでライヴ活動を開始。
2009年、ファースト・アルバム『Sounds In Sound』を発表。
2014年、セカンド・アルバム『Some Stories』を発表。
2017年、サード・アルバム『Coracao』を発表。
アマデュオス結成後はブラジル音楽を軸に、国内外のポップス、映画音楽、日本の愛唱歌など多ジャンルの曲をボサノバのテイストで演奏。
ギター演奏と共に作曲も行う。
アマデュオスオリジナル曲の他、朗読BGM、劇中歌、テーマソングなどの作曲活動も行っている。

急遽、出演頂きましてありがとうございます。フルートの大野裕之さんのご紹介です。

大野裕之 (Flute)

宮崎大学教育学部、東京コンセルヴァトアール尚美ディプロマ コースでフルートを専攻。
フルートアンサンブル等で活動していたが、2000年頃からクラシックに加えて、ブラジル音楽も手がけるようになり、都内各所のライブハウスで活躍中。
近年は小物打楽器類にも手を出し、フォホーバンドでひたすらトライアングルを刻んでいる。

アマデュオスさん、お二人のご紹介です。

Amaduos(アマデュオス) Mora & Kaoki』ギター担当

アコースティック・ギター2本だけで演奏をする男女インストゥルメンタル二重奏ユニット。
2008年より首都圏のカフェ、バー、レストラン、ライヴハウスに於ける演奏活動を開始。
生ギターの音色を大切にし、心地良く優しいサウンド空間を演出することを心がけている。
2009年10月ファーストCD 『Sounds In Sound』、
2014年1月セカンドCD 『Some Stories』、
2017年11月にボサノヴァを中心とした初のカヴァー曲CD 『Coracao(コラソン)』を制作・発表。
いずれも、くつろぎ感に溢れる癒し系アルバムとして好評を得ている。
主な演奏レパートリーはボサノヴァ(イパネマの娘、黒いオルフェetc)の他
国内外のポップス、映画音楽、日本の愛唱歌、Amaduosオリジナル曲など多ジャンルにわたる。
また、メンバーKaoki(カオキ)は演奏活動の他、朗読BGM、劇中歌、
テーマソングなどの作曲活動も行っている。
『Amaduos(アマデュオス)』のユニット名は
Amar(ラテン語で「愛する」の意) + duo「デュオ」(二重奏の意)に由来し、
「デュオ演奏を愛するユニット」を意味する。

記事下のシェアタイトルを表示