飲食店の本と、けっこう意識高めの本

今日は寒くはないけれど、雨の日は傘が面倒くさいし、出かけるのもおっくうになりますね。
MY本棚から、4冊本を追加しました。


まずは、飲食店に携わった作者の本。

「やりたいことがある人は未来食堂に来てください」
神保町の未来食堂の、小林せかいさん

厳しくも的確に、テーマは食堂ですが、あらゆる物事を実現するためのヒントが得られると思います。
夏頃、お店で食事を頂いて、まかないも体験しました。
ユニークなシステムのことや、こだわり、大切にしていることなど、
気になる人は、読んでみてくださいね。

「日本一カフェで街を変える男 人、モノ、金が輝くスーパー経営術」
佐藤裕久さんの、大阪、南船場の「アマーク ド パラディ」というお店を知っていますか?
バルニバービという会社は、株が好きな方はご存知かもしれませんね。

お店を出すときは、立地が命といわれるくらい大切なものですが、
創業者の佐藤さんは、今はみんな知らないけど、面白そうな空間を、魅力的な場所に作り上げていく。
そして、人の流れができる、街が賑わう。そんな凄いパワーを持つ人は、どんなことを考えているのか?という本。
現実の話なのですが、登場人物が映画かドラマの登場人物のような方ばかりです。

「多動力」とは「自分の人生」を1秒残らず使い切る生き方のことだ。
こちらは、少し前の堀江貴文さんの本

固定概念や思い込みを捨てて、現代を強く賢く生き抜く、ほりえもんの言葉。
盲目的に「頑張る」よりも、賢く、効率よく、世の中の仕組みを知るって大事ですね。

「手作り弁当より、冷凍食品のほうがうまい」とも書いてあったので、ちょっと凹んでいます。。

「魔法のコンパス」
キングコング 西野亮廣さん

新刊「革命のファンファーレ」はもう少々お待ちくださいませ。
西野さんって、お笑いの方だとは、知りませんでした。
ラインブログで、鋭いことをすごいマメに書かれているので、読んでいました。

働き方、仕事、巻き込み方、革命の起こし方、マイナスをプラスにする方法、伝え方、生き方、など。人が集まる理由、作り方のヒントが沢山。誰でも発信者になれる、特に、セカンドクリエーター時代と企画の話は、頷きながら読みました。

まだ読んでいない本がありましたら、店内ご自由に、読んでみてくださいね。

#読書会しませんか #本好きとつながりたい #読書会歓迎 #好きな本を教えてください #読書メーター #本が好き #革命のファンファーレ早く読みたい

記事下のシェアタイトルを表示